ヘルス

ブルーベリーよりも目によい?カシスに迫る!

2018/06/21
 



ストロベリーやブルーベリー、ラズベリーと同じ「ベリー類」である「カシス」。
「カシス」と聞くと、カシスソーダやカシスオレンジなど、
お酒のリキュールを思い浮かべる方が多いと思います。

実は、ブルーベリーが「目にいい」という効果が発見されてから、同じ「ベリー類」の研究が進み、
「カシス」について、いろいろなことが分かってきたんです。

今回は「カシス」の魅力についてご紹介します。


01 そもそもカシスって?



「カシス」は、ユキノシダ科スグリ属の植物で、1センチ程度の赤黒い酸味のある果実をつけます。

ヨーロッパの北部や東部を中心に世界中で広く栽培されていて、
日本ではリキュールのイメージが強いですが、果実はそのままでも食べられます。
食用以外にも、薬用としても利用されていて、
カシスの葉を煎じた液体は、万能薬と言われていたほど。

日本では「カシス」の名前で浸透しましたが、
それまでは「クロスグリ」と呼ばれていて、「カシス」はフランス語です。
英語では「ブラックカラント」と呼ばれます。

最近の研究で「ブルーベリー」よりも効果性が高いことが分かり、効能に対する期待が高まっています。

では実際に、どんな栄養分が含まれているのでしょうか?



02 カシスのすごい栄養素って何?



「カシス」には、40種類以上もの栄養成分が含まれています。
その中でも代表的な栄養成分は以下です。
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・β-カロテン
・ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛など)
・ポリフェノール(アントシアニン)


一見しただけでも美容によさそうですね。

「ビタミンA」や「β-カロテン」は免疫力をアップさせて粘膜や皮膚を保護する成分。
「ビタミンE」は、抗酸化作用やアンチエイジング効果が期待でき、
「ブルーベリー」の2倍近く含まれています。

「ビタミンC」は、抗酸化作用や美肌効果、免疫力アップすると言われ、
なんと「ブルーベリー」の約20倍の含有率。

この中で特に注目したいのが「カシス」に含まれる「ポリフェノール」です。



03 注目の栄養素「ポリフェノール」って?



抗酸化物質の代名詞である「ポリフェノール」。
「カシス」に含まれる「ポリフェノール」の大部分を占めるのは「アントシアニン」です。


「アントシアニン」は、2つの系統があり、さらに以下の4つに分類されます。
■デルフィニジン系アントシアニン
・デルフィニジン-3-グルコシド(D3G)
・デルフィニジン-3-ルチノシド(D3R)
■シアニジン系アントシアニン
・シアニジン-3-グルコシド(C3G)
・シアニジン-3-ルチノシド(C3R)


「デルフィニジン-3-ルチノシド(D3R)」と「シアニジン-3-ルチノシド(C3R)」は、カシス特有の成分です。
「デルフィニジン-3-ルチノシド(D3R)」は、「アントシアニン」の中で最も高い抗酸化作用を持っています。


暗い所で物を見るためには、網膜で光を感知する「ロドプシン」という成分が必要で、
「アントシアニン」はこの「ロドプシン」の再生を促進します。
特に「シアニジン-3-ルチノシド(C3R)」は、再生能力が特に強いことが分かっています。

そのほかにも、2つの「デルフィニジン系」と「シアニジン系」は、
眼精疲労や視力の改善の効果が期待されています。

「アントシアニン」は代謝されずにそのまま血中に移行するので効果が早く、
「デルフィニジン-3-ルチノシド(D3R)」と「シアニジン-3-ルチノシド(C3R)」は、
体内の滞留時間が長いので、「カシス」の栄養効果は即効性と持続性があるそう。

注目したいのは、「カシス」にはこの「アントシアニン」の含有量が、
他のベリー類と比べても圧倒的に多い
ということ。
その量はブルーベリーの約4.3倍なんです!



04 特に目にいい!




「カシス」には、さまざまな効果が期待されています。
・視力回復効果
・眼精疲労緩和効果
・目のかすみの改善効果
・夜盲症の改善効果
・老眼の予防効果
・緑内障や白内障を予防し抑制する効果
・華麗性黄斑変性症を予防し抑制する効果
・目の下のクマの解消効果
・冷え性の改善効果
・筋肉疲労の回復促進効果
・肩こりの抑制と解消効果
・動脈硬化の予防と改善効果
・インフルエンザなどの感染症の予防効果


こんなにたくさんの効果があるうち、半数以上が「目」に関連した効果ですね。
PCなどで普段から「目」を酷使することが多い方は、ぜひ「カシス」を摂り入れてみましょう。

では、リキュール商品以外に、どんな種類の「カシス」があるのでしょうか?



05 カシスにはどんな商品があるの?



「サプリメント」や「ドライカシス」、「ジャム」、「発酵カシス」などがあります。

おすすめは「発酵カシス」です。
「カシス」は「ブルーベリー」より酸味があり、酸っぱくて少し苦味があるので、
発酵することで口当たりがやわらかいんです。

さらに「発酵カシス」のドリンクタイプには「MCTオイル」を加えるのがオススメ。

オイルというと脂肪が増えそうですが、「MCTオイル」は100%中鎖脂肪酸。
中鎖脂肪酸の最大の特徴は、迅速で優れた消化・吸収能力。
脂肪の燃焼効果が高まり、肝臓でスピーディーに分解されてエネルギー源になるので、
脂肪として体にたまりにくいオイル
なんです。

「糖質制限ダイエット」に「カシス」を摂り入れて、目にも健康的なダイエットを試してみてくださいね。