ヘルス

「糖質制限」と「タンパク質」

2019/01/17
 

こんにちは、仙台勝山館ココイルスタッフの齋藤です。

2019年スタートしましたね。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
私は、年末年始を実家のある長崎で過ごし、エネルギーの塊である3人息子の相手は
体力&気力を使う…と実感した冬休みでした!

さて、昨年ですが、気になる記事を見つけました。
「糖質制限している」5割という見出しに、「お!どういうこと?!」と反応した私です。



(2018年12月3日掲載・日経MJ掲載:ネオマーケティング社「食と健康意識調査」)


記事のポイントは、
・何らかの形で糖質制限をしている:約5割
(2018年10月に「ネオマーケティング社」が全国20~69歳の男女1,000人にWEB調査)
・糖質制限をしていて、好きであるにも関わらず牛肉や豚肉の摂取を控えている:2~3割
・糖質制限をしていて、牛肉や豚肉が好きだが控えている人の約7割が肉代替商品に関心あり

ヨーロッパなどを中心に、大豆などを加工して肉に似せた「肉代替商品」の開発が進み、
日本にも少しずつ浸透しています。
すでに使っているという方もいるかもしれませんね。
記事によると、好きなお肉を食べることを控えている人の一番の理由は、
“太ると思うから”だそうです。

“タンパク質”は私たちの体を作る主成分。
筋肉だけでなく、臓器、皮膚、髪、爪など体のあらゆる組織を作ってくれたり、
血液運搬にも大事な役割を果たしています。

肉や魚に含まれる“タンパク質”は「動物性タンパク質」、
大豆などに含まれる“タンパク質”は「植物性タンパク質」といいます。

“タンパク質”は、“アミノ酸”からできていて、そのアミノ酸は20種類あり、
9種の必須アミノ酸(体内では作ることができない)と
11種の非必須アミノ酸(体内で作ることができる)に分けること
ができます。

必須アミノ酸をバランスよく含んでいるかどうかを示しているのが「アミノ酸スコア」
「動物性タンパク質」肉類・魚類・卵・牛乳:スコア100
「植物性タンパク質」大豆・豆乳:スコア100

と同じ点数ですが、この2つ、含まれるアミノ酸の種類に違いがあるそうです。

理想のアミノ酸がバランスよく配合されているのは、やっぱり肉類や魚類なんだとか。
“太るから”と避けてしまいがちな肉類ですが、適量をしっかり食べることは大事なんですね。

そこでオススメしたいのが、「ソーセージ」
仙台勝山館MCTオイルを販売している勝山ネクステージ㈱は、
La Pace(ラ・パーチェ)というブランドで、“完全無添加ソーセージ”を製造販売しています。




La Paceのソーセージの糖質(炭水化物)は 80g(ソーセージ2本)あたり約1g、
タンパク質は80g(ソーセージ2本)あたり約 13~15g 。
お肉大好きだけど“糖質制限”のために食べることを我慢している人にとっては、
とても嬉しい商品です!

食品添加物・化学調味料は一切使わず、良質な素材と匠の技が実現させた“完全無添加ソーセージ”は、安心して食べていただけるだけでなく、ボイルするだけ、焼くだけの簡単調理で、美味しく“タンパク質”を摂れます。
そして、糖質制限で起こりがちなエネルギー不足は、仙台勝山館MCTオイルで補っていきましょう!

今年も、「仙台勝山館MCTオイル」が皆さまの健やかな毎日の良きパートナーでいられますように。
“亥”に負けぬよう、スタッフ一同“猪突猛進”していきますので、どうぞよろしくお願いします!!



■La Pace(ラ・パーチェ)
公式HP:https://www.rakuten.ne.jp/gold/sausage-lapace/

□仙台勝山館MCTオイル
販売はこちら:https://www.shozankan-shop.com/category/MCT/