よくわかる油の話

ここを抑えておけば大丈夫♪ MCTオイル選び4つのチェックポイント

2019/07/24
 


最近、様々な種類のMCTオイルが販売されるようになり、
お客様より「同じMCTオイルだけど、何がどのように違うの?」
というお声をいただく機会が増えました。


今回は、「仙台勝山館ココイル」スタッフの門馬が、
MCTオイルを購入する基準に迷ってしまう方へ、
質の良いMCTオイル選びのチェックポイントをご紹介します!


チェックポイント1 原材料は?

まずは、パッケージの裏面をチェックしてみましょう。
裏面に記載されている栄養成分表の原材料には、ほぼ必ず「中鎖脂肪酸油」と記載があります。
ただ、この「中鎖脂肪酸油」が何の原材料から抽出されているのか?という点がそれぞれ違います。

仙台勝山館MCTオイルの原料は「ココナッツ」
パッケージ表面にイラスト付きで記載しています。
仙台勝山館ココイルは、日本初のココナッツ由来100%のMCTオイルを実現しました。
ココナッツは非常に希少価値が高い原材料なので、原材料にこだわりたい方におすすめです。

ココナッツの他にも、「ヤシ油」という表記などがありますが、
「ヤシ油」の場合は、ココナッツだけでなく、パーム油などの原料になる「アブラヤシ」も含みます。
他にも、原料をパッケージに表記していないものもあります。

どんな原材料を使っているか気になる方は、パッケージの表記や、
メーカーのホームページなどでチェックしてもいいですね。


チェックポイント2 成分は?

さらにパッケージの商品説明を要チェックしてみましょう。
オイルを構成している中鎖脂肪酸はさらに、
「C8(カプリル酸)」「C10(カプリン酸)」「C12(ラウリン酸)」に分類されます。
仙台勝山館MCTオイルは、エネルギー効率が特に良いC8とC10のみを6:4で配合しています。
中鎖脂肪酸の中でも「どのような成分が、どれくらいの比率で配合されているか?」
ここは大きな違いになります。

チェックポイント3 色・風味・後残りは?

仙台勝山館MCTオイルは、無色透明で完全な無味無臭。比較的サラサラしていて、
味も後残りがないので、初めての方でも摂り入れやすい点が特徴です。


ただ、すべてのMCTオイルが同じではありません。
ココナッツの味を感じたり、液体の色が黄色がかったものもありますし、
口当たりの質感が、濃く感じてしまうものもあります。
毎日体に摂り入れるものなので、自分の好みに合ったMCTオイルを選びたいですね。


チェックポイント4 安心・安全な製造方法か?

仙台勝山館MCTオイルは化学溶剤などを使用していないナチュラル製法です。
MCTオイルの中には化学溶剤を使用している場合もあるので、気になる方は要チェックです!

健康な体づくりは、毎日体に摂り入れる食品が資本。
例えば「オリーブオイル」と一口に言っても、味や香りがたくさんあるように、
MCTオイルもそれぞれ特徴があります。(あまり知られていませんが…

MCTオイルを選ぶ際には、今回ご紹介したチェックポイントに
こだわりながら選んでみてくださいね!