ヘルス

身近な食材、カリフラワーの魅力

2017/11/09
 




ケールやチアシードなど、スーパーフードと呼ばれる珍しい食材が近年次々と注目されています。
そんな中、実は身近な食材である「カリフラワー」も栄養価が高いスーパーフードなんです!
しかも低糖質・低カロリーなので糖質制限ダイエットにも最適ってご存知でしたか?

今回は意外と知らない、「カリフラワー」について詳しくご紹介します。



01 そもそもブロッコリーとどう違うの?

見た目は似ているけど色合いが異なる「カリフラワー」と「ブロッコリー」。
これらはどちらもアブラナ科の野菜です。

地中海沿岸が原産地である栄養価が高いとされている「ケール」。
この「ケール」はキャベツの原種とされている野菜です。この葉が肥大化し、葉が重なり合って玉のようになったのが「キャベツ」です。

野生キャベツの変種で花と蕾(花(か)蕾(らい))の部分が肥厚化したのが「ブロッコリー」。
そして「ブロッコリー」が突然変異したものを、品種改良したものが「カリフラワー」です。

どちらもルーツは同じですが、
「カリフラワー」は淡色野菜で「ブロッコリー」は緑黄色野菜に分類されます。

では、どんな栄養素が含まれているのでしょうか?



02 意外と知らないカリフラワーの栄養素



それぞれの主な栄養素は下記になります。
※すべて100gあたりの含有量

カリフラワー
糖質     約2.3g
炭水化物   約5.2g
食物繊維   約2.9g
ビタミンC   約81mg
ナトリウム  約8mg
カリウム   約410mg
カルシウム  約24mg
鉄      約0.6mg
マグネシウム 約18mg

ブロッコリー
糖質     約0.8g
炭水化物   約5.2g
食物繊維   約4.4mg
ビタミンC   約120mg
ナトリウム  約20mg
カリウム   約360mg
カルシウム  約38mg
鉄      約1mg
マグネシウム 約26mg

比べてみると「ブロッコリー」の方が、糖質が低く栄養価が高く感じますね。

ところが「ブロッコリー」は、茹でるとビタミンやマグネシウム、
カリウムなどの栄養素が流れてしまいます。
「カリフラワー」は細胞組織がしっかりしているので、
茹でても栄養が失われにくく、栄養素を多く取り込めます。


そのため、クセの少ない味わいで料理にも取り入れやすい「カリフラワー」は、
小麦やお米の置き換え食品としても優秀で、糖質制限ダイエットにはおすすめなんです。

「カリフラワー」の主な栄養素は豊富な「ビタミンC」と「カリウム」。

ビタミンC」は、万能アンチエイジング成分としてよく耳にする定番の栄養素。
高い抗酸化作用で老化を抑えるほか、免疫力を高めるので健康の維持、心臓血管系の疾患の予防作用も期待できます。

カリウム」は、血圧やコレステロールの上昇を抑制して、高血圧や動脈硬化、脳梗塞などを予防するとされています。筋肉の運動エネルギーを多く生み出し、運動後に筋肉を疲れにくくする効果も。

ちなみにオレンジ色の「カリフラワー」には、白のカリフラワーより25倍ものビタミンAが含まれているんだとか。

次に、カリフラワーの選び方や保存方法をご紹介します。



03 カリフラワーの選び方や保存方法



「カリフラワー」の旬は11月から3月とよく言われています。
つまり、これからが一番おいしい時期なんです!

選ぶポイントは、重みがあり白いツボミがしっかりと詰まっているもの。
葉が鮮やかでハリがあり、茎の断面がみずみずしく、変色していないものがおすすめです。

「カリフラワー」はあまり日持ちしないので、1日~3日で食べきりましょう。
冷蔵保存の場合は、乾燥しないように湿らせたキッチンペーパーで茎を巻き、ビニール袋に。

冷蔵保存の場合は、茹でるか蒸す、電子レンジでも大丈夫です。

茹でる場合は、茹でる水の量に対して2%の塩を入れ、沸騰したら1分。
塊のままの方が火の通りが均一で崩れにくいです。
湯から上げた後は、冷水にさらすと水っぽい食感になるので、そのまま冷ましてください。

蒸す時は2分、電子レンジはW数によりますが、1~4分程度が目安です。



04 カリフラワーを食卓に摂り入れる!

「糖質制限ダイエット」中であれば、カリフラワーをお米の替わりに置き換えるのがおすすめ。
ニューヨークでは、「カリフラワーライス」として、セレブの間で人気なんですよ。

作り方はシンプル。
フードプロセッサーでお米の大きさ程度に砕くか、包丁でみじん切りして細かい状態に。
その後、フライパンで炒めるか、電子レンジで加熱して、軽く下味をつけるだけ。

お米単体として食べるよりは、カレーをかける等の食べ方の方がより食べやすいのでおすすめ。
更に「仙台勝山館MCTオイルカレー」と一緒に食べれば、体に脂肪がつきにくいMCTオイル(中鎖脂肪酸)を使用しているので、より糖質制限ダイエットに最適です!

スーパーフードである「カリフラワー」を活用して、
無理のないダイエットにつなげてくださいね。