専門店に聞く、MCTオイルってどんなもの。ダイエット効果や使い方を詳しくご紹介

専門店に聞く、MCTオイルってどんなもの。ダイエット効果や使い方を詳しくご紹介

目次

MCTオイルってどんなオイル?

MCTオイルとは、ココナッツやパームの種子など、ヤシ科の植物に含まれる天然成分「中鎖脂肪酸」のみで作られているオイルの事を言います。一般的な植物油と比較して消化・吸収がはやく、脂肪として蓄積されにくいことが特徴です。

  • 1.ダイエットや糖質制限中のエネルギー補給
  • 2.疲れにくく、疲労回復しやすい体作りをサポート
  • 3.脳のエネルギー補給・認知症予防

など、幅広く活用されている食用油です。
今回は、今話題の「MCTオイル」について、MCTオイルの専門店:仙台勝山館ココイルが詳しくご紹介致します。

専門家に聞くMCTオイルの3つの特徴

専門家に聞くMCTオイルの3つの特徴

特徴01 糖質制限+たんぱくリッチ食(タンパク質多め)+MCTオイル

健康的に痩せるダイエット「糖質制限」とは?

糖質制限は食べるダイエットです。
糖質制限は食べるダイエットです。

「ダイエット」といえば、できるだけ摂取カロリーを減らす「食べないダイエット」が一般的ですが、それではエネルギー不足となり、筋肉量が減って見た目もやつれてしまうのであまり健康的ではありません。

逆に「糖質制限」は、過剰な糖質を控えつつも、必要な栄養素を厳選して必要な分だけしっかりと摂取する「食べるダイエット」です。

糖質制限には「良質な脂質」が必要!

ダイエット中は、高カロリーな油を減らしがちですが、油は体内のエネルギー源になるだけではなく、ホルモンや遺伝子の材料、栄養素の吸収や運搬などさまざまな役割を持ちます。

極端に油を制限してしまうと、身体の不調の要因にもなります。

また、糖質を制限しながらMCTオイルを摂取すると、エネルギー不足を避けるだけでなく、さらに余分な脂肪を燃焼しやすくすることが出来ます。

カロリーだけに気を取られず、良質な脂質を摂取することも糖質制限には大切です。

糖質ゼロ!体脂肪になりにくいMCTオイルでエネルギー補給

MCTオイルは消化・吸収・分解が他の油よりもスピーディーなので、エネルギーだけを効率よく得られます。体脂肪として蓄積しにくいオイルなので、食事制限やダイエット時のエネルギー補給に最適です。

宗田マタニティクリニック院長 宗田哲男 先生
MCT(中鎖脂肪酸)は、体内の脂肪を燃焼してエネルギーにする、ケトン体の働きを強化します。MCTオイルを摂るときは糖質も控えめにすることで、健康的に効率よく痩せることができますよ。クリニックでは、糖尿病妊娠や妊娠糖尿病の方に対し、糖質制限+MCTオイルによる管理でより安全で健康的な出産をサポートしています。
宗田先生
MCTオイルでダイエット効果を実感。お客様の口コミを見る
ダイエット中の方にオススメ!
【初回限定・送料無料】MCTオイル360g 1本

特徴02 身体作り・トレーニングのサポートとして

筋肉のエネルギーは糖質だけではなく、脂質も使われている!

糖質と脂質どちらも重要。遅筋のパフォーマンスUP=持久力・回復力UPにつながる。
糖質と脂質どちらも重要。遅筋のパフォーマンスUP=持久力・回復力UPにつながる。

筋肉には、筋トレや単距離走などの無酸素運動をするときに使われる筋肉「速筋」と、ウォーキンクやマラソンなどの有酸素運動で持久力を発揮する筋肉「遅筋」の2種類があります。

「速筋」は糖質代謝でエネルギーをつくる一方、「遅筋」は脂質代謝でエネルギーをつくります。そのため遅筋のパフォーマンスを向上させ、持久力や回復力もアップすると言われています。
脂質も筋肉を動かすためには重要な栄養素なのです。

持久力アップ&疲労回復効果

疲労するまでの時間の比較。MCTオイルの摂取で持久力が約1.5倍に。
疲労するまでの時間の比較。MCTオイルの摂取で持久力が約1.5倍に。

MCTオイルを継続的に摂取し、普段から脂質代謝を高めることで、長い時間の運動においてより疲れにくく、エネルギー不足に陥ることも少なくなります。
さらに運動後の疲労回復のスピードが上がるなど、体調の向上によい影響を与える可能性も期待できるんです。

マラソンやトライアスロンなどの持久系スポーツをされている方にとって、MCTオイルはまさに理想的なエネルギー源になります。

MCTオイルでスピーディーにエネルギー補給

体脂肪としてためずに、エネルギーをしっかり摂取。プロサッカー選手で当店公式アンバサダーのシュミット・ダニエルさん
体脂肪としてためずに、エネルギーをしっかり摂取。プロサッカー選手で当店公式アンバサダーのシュミット・ダニエルさん

MCTオイルは通常の油より約4倍早く消化吸収、エネルギーになるので、体脂肪としてためずに、エネルギーをしっかり摂取できます。トレーニング前は食事に混せる、プロテインドリンクやスムージーに混ぜるなどの摂取がオススメです。

食事にMCTをプラスしてエネルギーを!

各栄養素のエネルギ―量は、脂質1g=9kcal、たんぱく質や糖質は1g=4kcal。同じ量でも脂質の方が約2倍のエネルギーを摂取することができる。
各栄養素のエネルギ―量は、脂質1g=9kcal、たんぱく質や糖質は1g=4kcal。同じ量でも脂質の方が約2倍のエネルギーを摂取することができる。

脂質のエネルギー産生は1gあたり9kcal。一方でごはんやパンなどの主成分である糖質は1gあたり4kcalと、脂質の方が少量でも約2倍のエネルギーを摂取することができます。

肉や魚などのたんぱく質やビタミンやミネラルを含む野菜と一緒に、毎日の食事に摂り入れることで「低栄養」の防止にもつながります。

じねんこどもクリニック 今西康次 先生
MCTオイルは、筋肉にも好影響を与えます。今日、プロスポーツ選手をはじめ、スポーツをする多くの方が糖質制限によりパフォーマンスアップを実感しているようです。MCTオイルを上手に摂り入れることで、疲れにくい、脂質代謝中心の体に変えていくことがポイントです。
今西先生
運動をする方にオススメ!
【初回限定・送料無料】MCTオイルSPORTS450g 1本 【送料無料】MCTホエイプロテイン スリム&ビューティー 2個セット

特徴03 脳のエネルギー源としても注目

認知機能の低下は脳のエネルギー不足

ブドウ糖がうまく脳に取り込めなくなる=認知機能の低下
ブドウ糖がうまく脳に取り込めなくなる=認知機能の低下

人間の脳は通常、ごはんやパンなどに含まれる糖質が分解された「ブドウ糖」を脳のエネルギーとして使っています。しかし、この「ブドウ糖」をうまく脳に取り込むことができなくなると認知機能の低下につながると言われています。

脂質由来のエネルギー「ケトン体」で脳へエネルギー補給

通常脳のエネルギーとして利用されるのは「ブドウ糖」ですが、このブドウ糖の代わりに脳のエネルギーになるとして注目されているのが、MCTオイルによって生成される「ケトン体」です。

このケトン体は脳にとって継続的にパワフルなエネルギー源になるので、「アルツハイマー型認知症の人にとっても薬以上に有効になる」という専門医もいるくらい、脳に有効なエネルギーになります。

「ケトン体」を生成しやすいMCTオイル

MCTオイル摂取後の血中ケトン体量の変化。MCTオイルは一般的な諸物油に比べて、ケトン体量が約10倍に。
MCTオイル摂取後の血中ケトン体量の変化。MCTオイルは一般的な諸物油に比べて、ケトン体量が約10倍に。

「ケトン体」を生成するために効率的と言われている脂質が中鎖脂肪酸、つまりMCTオイルです。
一般的な油と比較すると、同じ量で約10倍も多くのケトン体がつくられるとの研究結果もあります。

認知症予防医 ひろかわクリニック 院長 広川慶裕 先生
生活習慣病によりリスクが倍増する認知症ですが、予防に不可欠なのが、脳のエネルギー補給。スピーディにそのエネルギー補給を助ける食品が、MCTオイルです。
生活習慣を改善するトレーニングとして、食事、運動、脳活の面から対策を行うことが大切です。
広川先生
第二の脳のエネルギー「ケトン体」って。詳しく知りたい方はこちら
仕事や勉強で疲れた脳へのエネルギー補給にオススメ!
【お一人様1回限り!送料無料】MCTコーヒークリーマー 165g

MCTオイルが、ダイエッターに支持される3つの理由

MCTオイルが、ダイエッターに支持される3つの理由

1 MCT=中鎖脂肪酸は分子構造が短く、消化経路がコンパクトだから

「MCT=中鎖脂肪酸」は、オリーブオイルや菜種油など一般的な植物油に多く含まれる長鎖脂肪酸と比較すると分子構造が約半分の長さです。
「MCT=中鎖脂肪酸」は、オリーブオイルや菜種油など一般的な植物油に多く含まれる長鎖脂肪酸と比較すると分子構造が約半分の長さです。

「MCT=中鎖脂肪酸」は、オリーブオイルや菜種油など一般的な植物油に多く含まれる長鎖脂肪酸と比較すると分子構造が約半分の長さです。

消化吸収経路の違い。MCTオイルは直接肝臓で消化されるが、一般的な植物油は消化が複雑で脂肪として貯蔵される。
消化吸収経路の違い。MCTオイルは直接肝臓で消化されるが、一般的な植物油は消化が複雑で脂肪として貯蔵される。

一般的な植物油(長鎖脂肪酸)は、小腸から消化・吸収された後、リンパ管や血管を通って脂肪組織や筋肉、肝臓に運ばれ、必要に応じて分解・貯蔵されます。

一方でMCTオイル(中鎖脂肪酸)は、小腸から門脈を経由してすぐに肝臓に入り、分解されるので、消化吸収の経路が短いという特徴があります。

2 消化吸収が早く、体脂肪として溜まりにくいから

分解時間の違い。MCTオイルは一般的な植物油の約4倍の速さで分解されます。
分解時間の違い。MCTオイルは一般的な植物油の約4倍の速さで分解されます。

MCTオイル(中鎖脂肪酸)は分子構造が短く、消化経路もコンパクトなのため、一般的な油よりも消化吸収が早いという特徴があります。一般的な植物油(長鎖脂肪酸)と比較すると、約4倍の速さで分解され、素早くエネルギーになります。

一般的な植物油の分解のピークが約5時間後なのに対し、MCTオイルはなんと約3時間で分解のピークを迎えるんです!そのため、体脂肪としても蓄積されにくいといわれています。

3 効率的なエネルギー源になるから

体内のエネルギー回路の違い。MCTオイルは体内でケトン体になり、インスリンを分泌せずにエネルギーとなる。
体内のエネルギー回路の違い。MCTオイルは体内でケトン体になり、インスリンを分泌せずにエネルギーとなる。

糖質を制限しながらMCTオイル(中鎖脂肪酸)を摂ることで、体内では「ケトン体」というブドウ糖(糖質)の代替エネルギーが生成されます。

人の体は主にブドウ糖をエネルギーとして活用していますが、糖質制限をしながらケトン体の生成を促すことで、体内のエネルギー回路がブドウ糖からケトン体に切り替わり「ケトン代謝」となります。

ケトン代謝になると、体の各組織にある脂肪をうまく燃やして自家発電のような体になるので、効率よく痩せることが出来るのです。

血糖値と空腹の関係性。上昇した血糖値が急激に下がるときに人は空腹を感じます。
血糖値と空腹の関係性。上昇した血糖値が急激に下がるときに人は空腹を感じます。

また、MCTオイルは「空腹感」も抑えてくれます。
炭水化物のような糖質の多い食事を摂ると、体内では血糖値が急激に上昇し、その上昇した血糖値が急激に下がるときに人は空腹を感じます。これが空腹のメカニズムです。

しかし、MCTオイルを摂取しても血糖値の急激な増減は起こらないので、空腹になりにくくなります。
MCTオイルは「腹持ちが良く・効率的に脂肪を燃やしてくれるエネルギー源」なのです。

更に「糖質ゼロ」なので、ダイエット中や食事制限中の代替エネルギーにも最適です。

まめ知識MCTオイルは常温で保管できるから使いやすい!

MCTオイルは酸化や熱による劣化に強いので、常温で保管OK!さらに低温でも固まりません。
手軽に料理やドリンクに混ぜてお召し上がりください。

オススメのお召し上がり方

サラダ、ヨーグルト、プロテイン、飲み物などと一緒に摂取する
サラダ、ヨーグルト、プロテイン、飲み物などと一緒に摂取する

MCTオイルは、1回につき「小さじ1杯(5ml)~大さじ1杯(15ml)」を目安にご使用下さい。
毎食時または少し小腹が空いたなと感じたら、食事にかけたり、豆乳やコーヒーなどの飲み物に入れてこまめに摂取することがオススメです。

スタッフおすすめのMCTオイルを使ったレシピを見る。

ココを押さえておけば大丈夫。MCTオイル選びの5つのポイント。

ココを押さえておけば大丈夫。MCTオイル選びの5つのポイント。

1 MCTオイルの「原材料」をチェックする!

栄養成分表の原材料には、ほぼ必ず「中鎖脂肪酸油」と記載があります。赤と青のボトルの違いは原材料のみです。
栄養成分表の原材料には、ほぼ必ず「中鎖脂肪酸油」と記載があります。赤と青のボトルの違いは原材料のみです。

パッケージの裏面をチェックしてみましよう。
裏面に記載されている栄養成分表の原材料には、ほぼ必ず「中鎖脂肪酸油」と記載があります。

MCTオイルの原材料は「ココナッツ」か「パームヤシ(アブラヤシ)」の2種類。その内、ココナッツの方が希少価値が高いとされています。原料にこだわりたい方は「ココナッツ100%」がオススメです。

2 MCTオイルの「成分」をチェックする!

仙台勝山館ココイルのMCTオイルの構成はC8とC10が6:4です。青いボトルも同じです。
仙台勝山館ココイルのMCTオイルの構成はC8とC10が6:4です。青いボトルも同じです。

パッケージの商品説明をチェックしてみましよう。MCTオイル(中鎖脂肪酸)は、C8(カプリル酸)、C10(カプリン酸)、C12(ラウリン酸)に分類されます。

この3つの中でも、特にエネルギー効率が良いとされるのが「C8」と「C10」です。

MCTオイルの中でも「どのような成分が、どれくらいの比率で配合されているか?」ここは大きな違いになりますので要チェック。

3 自分の好みに合った味・風味を選ぶ!

オススメは無味無臭でサラサラしたもの。毎日体に摂り入れるものなので、自分の好みにったMCTオイルを選びましよう。
オススメは無味無臭でサラサラしたもの。毎日体に摂り入れるものなので、自分の好みにったMCTオイルを選びましよう。

例えば「オリーブオイル」とーロに言っても、味や香りがたくさんあるように、MCTオイルもそれぞれ特徴があります。ココナツツの味を感じたり、液体の色が黄色がかったものもありますし、ロ当たりの質感が濃く感じるものもあります。

オススメは「無味無臭」で比較的「サラサラ」している商品。味も後残りがなく口当たりも良いので、初めての方でも摂り入れやすいです。

毎日体に摂り入れるものなので、自分の好みにったMCTオイルを選びましよう。

4 容器は「遮光瓶」タイプを選ぶ!

遮光タイプのビンを選びましょう
遮光タイプのビンを選びましょう

MCTオイルは酸化や熱による劣化に強いので、常温で保管しても大丈夫です。しかし、紫外線に弱く、光に長時間あたると酸化・劣化する恐れがあり、長期間の保管を考えると「品質の劣化」が気になるという人もいると思います。

なので、容器も光を通しにくい「遮光瓶」の商品がオススメ!
遮光瓶なら日光や蛍光灯の光も通しにくいので、劣化の心配もありません。

5 製造・充填方法をチェックする!

化学添加物を一切使用しないナチュラル製法をしていて、国内で充填されたものがオススメ。
化学添加物を一切使用しないナチュラル製法をしていて、国内で充填されたものがオススメ。

オイルの製造方法にも、油の抽出時に化学添加物を使う方法と、化学添加物を全く使わない「ナチュラル製法」などの違いがあります。MCTオイルは長く使い続ける商品ですので、化学剤を一切使用しないナチュラル製法がオススメ。

また、充填先が「国内」なのか「海外」なのかもチェックしましょう。
海外充填の場合、品質管理の違いや異物混入等の心配がありますので、製造管理の面で安心できる「国内充填」を選ぶのがオススメです!

仙台勝山館ココイルのMCTオイルは、ナチュラル製法で作られており、国内で充填をしているので安心してご使用いただけます♪

MCTオイル関連商品の累計150万個突破しました。仙台勝山館ココイルは日本初のココナッツ由来MCTオイルのパイオニア。お客様満足度93.6%

【初回限定・送料無料】MCTオイル360g 1本
300年以上「食」と向き合ってきたからこそお届けできる商品があります。