ヘルス

ちょっとの工夫で痛くない!MCTオイルのお腹が痛くならない飲み方

2017/04/07
 


MCTオイルでお腹が痛くなってしまう…というお悩み、ありませんか?
合わないからやめようかな、と思っている方も、これからご紹介する方法をまずは一度お試しを!


■これなら腹痛にならない!MCTオイルのお腹に優しい飲み方■


01 そのまま飲まず、食べ物や飲み物によく混ぜて!乳製品がおすすめ

コーヒー牛乳

胃腸への刺激を軽減するために、まずお腹になにか入れてからMCTオイルを摂取することがポイント。
乳製品は、水分の中に脂質成分が乳化作用によって既に混ざり合っている状態の食品なので、お茶や紅茶と比較すると、脂質成分と相性が良いと言えます。ヨーグルトや牛乳などにMCTオイルを入れ、しっかりと混ぜ合わせることがポイントです。



02 しっかりと混ぜる!

おすすめはシェイカーやクリーマーを使うこと。
油脂成分をドリンクとしっかり混ぜ合わせることがポイントです。



03 初めての方は小さじ1杯(5g)からスタート

計量スプーン

特にお腹が弱い人は、少なめから量を増やして摂取しましょう。



04 MCTオイルの前にはレシチン

レシチン

レシチンは大豆由来の栄養素で、水溶性の栄養素と脂溶性の栄養素を混ぜ合わせる働きがあります。
MCTオイルを飲む前にひと粒摂取でMCTオイルによる胃腸への刺激を軽減。
簡単に購入できるサプリメントで販売されているので、手軽に摂取できますよ!

お腹

以上3つのコツを抑えればお腹が痛くならずにMCTオイルを摂取できます。
ぜひ一度お試しください^^