ヘルス

【MCTオイルスクール】低糖質&低カロリーでオイルとの相性もOK!「ズッキーニ」の魅力

2019/08/01
 

仙台勝山館・ココイルスタッフの齋藤です。
東京オリンピックまで1年を切りました。あっとすぎる時間に驚きます。

先日、息子たちをパパに預けて出かけた横浜・桜木町。
目的は講演会を聞きにいくことでしたが、大学時代によく遊びにきたな~と懐かしくなりました。
同期に会って、あの頃にタイムスリップ(*’▽’)することもでき、
懐かしさに浸りつつ、刺激をたくさん受けてきました。




さて今回は、「ズッキーニ」について深堀りしていきましょう!
今が旬の食材だからというだけでなく、なんとも優秀なこの野菜のことを伝えたくて、
取り上げてみました!
“カロリーが低い&糖質が低い”ズッキーニ。
ダイエットや糖質制限をされている方には絶賛おススメです!




●「ズッキーニ」のあれこれまとめ


◇ズッキーニの主な栄養成分(可食部100gあたり)
・炭水化物  :2.8g
・カリウム  :320mg
・β-カロテン:320μg
・ビタミンC :20mg
・葉  酸  :36μg
・食物繊維  :1.3g

■ウリ科のかぼちゃ属
■原産地はメキシコ
■スーパーでよく見かける20cm位の緑のズッキーニは、未成熟の果実
(美味しく食べられる)
■成熟すると黄色になり、そのまま放っておくとどんどん成長する
(繊維質が多くなってしまう)
■油との相性がよい、生食でも食べられる
■花がきれい&実は食べることができる
(義父の畑は毎夏、ズッキーニ祭り♪写真は畑で思わず撮りました)



見て頂いたら分かる通り、カボチャ属なのにも関わらず炭水化物(糖質)が低い!!
また、塩分を排出して血圧を安定させ、脳卒中や心筋梗塞を防ぐ効果のある“カリウム”や、
淡色野菜の中では“ビタミンA(β-カロテン)”が豊富なんです。
免疫力強化と抗酸化の作用があると言われています。




●MCTオイルとも相性よし!



炒め油としてMCTオイルは使えませんが、ズッキーニを薄くスライスしたサラダの仕上げにMCTオイルをかけて。
口当たりも滑らかになって麺感覚で食べることができますよ。
たくさん食べても罪悪感が生まれないですよね。 (ココイルスタッフ・Fが考案)



カレーを無性に食べたくなる時ってありませんか?
でも今から作るのは…大変( ;∀;)
そんな時、「MCTオイルカレー」を全力でおススメします!

1食あたり9gのMCTオイルが配合され、オーストラリア産グラスフェッドビーフ(牧草牛)を贅沢に使用したカレーです。
レトルトタイプなので、カレー気分をすぐに満たしてくれます。

ピリッとしたアクセントがあるので、大人も納得の味。
付け合わせには、低糖質野菜・ズッキーニをどうぞ★
ダイエット中でも、満足ごはんが食べられます。



▼お得なセットも販売中ですよ。
【MCTオイルカレー】ご購入はこちらから

▼また、こちらも併せてぜひご覧ください。
【第3回】スタッフ座談会「MCTオイルカレーの魅力を知ってほしい!スタッフ実食レポ」

ココイルスタッフが「MCTオイルカレー」の魅力をたっぷり語っています。


今年の夏は、気温の変化が激しく、長雨や大雨、
スッキリしない日々で体調整えるのが大変でしたよね。
しかし、やっと夏本番。
“旬の野菜”をおいしく食べながら、この時季を乗り越えていきましょう!