コラム一覧

11 件中 1 件から 11 件を表示しています。   

トレンド

MCTオイルをバターコーヒーで活用しよう!

2018/05/17



テレビや雑誌、SNSで話題の「バターコーヒー」。
ダイエットや健康に良いと人気で、コンビニで商品化されたり、
バターコーヒー専門店が登場したりしています。

今回は「バターコーヒー」について詳しくご紹介していきましょう。



01 バターコーヒーって?



「バターコーヒー」とは、MCTオイルと良質な無塩バターやギー(加熱して純度を高めたバター)を加えたもの。
アメリカのIT起業家が、チベットの「バター茶」から発案のヒントを得て、
自らの経験をもとに考案し、独自に編み出しました。

バターと聞くと、高カロリーで太りそうなイメージですが、
痩せやすくなるだけではなく、集中力が高まり仕事のパフォーマンスも上がるそう。
完全無欠コーヒー」とも呼ばれています。

使い方は「バターコーヒーを朝食の代わりに飲むだけ」というシンプルなもの。
これによって体脂肪が燃焼しやすいケトン体質となり、ダイエットにも効果的とされています。



02 バターコーヒーに使うバターの種類は?



「バターコーヒー」におすすめのバターは下記の様なもの。

●グラスフェッドバター
以前のコラムで「グラスフェッドビーフ」についてご紹介しましたが、
「グラスフェッドバター」は、牧草で飼育された牛(グラスフェッドビーフ)のミルクで作られた「無塩バター」のことです。

牧草だけで育てられた牛のバターは、通常のバターにくらべて、
脂溶性ビタミン(ビタミンA・ビタミンB・ビタミンE・ビタミンK)と
「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれている
のが特徴です。

特に「不飽和脂肪酸」は、血中のコレステロールや中性脂肪を減少させ、体の調子を整えてくれる優れもの。
つまり、「グラスフェッドバター」はエネルギーとしてしっかり消費され、体脂肪として残さない良質な脂質なんです。

●ギー
バターを加熱し、水分とカゼインを除いたものをギーと呼びます。
バターより栄養が豊富で保存性も抜群。手作りの他、現在はスーパーなどに市販品ですぐ利用できるものがあります。

では次に、「コーヒー」と「MCTオイル」の作用ついてご説明します。



03 コーヒーやMCTオイルの効果は?



「コーヒー」に含まれている「カフェイン」は
頭が冴える、眠くならないなどの他、エネルギーアップにも効果的。

また、ポリフェノールの働きで抗酸化力をアップ。腸内環境を良好に維持する効果も期待出来るんです。

さらに、これまでもご紹介してきましたが、100%中鎖脂肪酸の「MCTオイル」は、普通の油に比べ消化吸収率が高く、エネルギーに変わりやすいのでお腹が空きにくいというメリットも。

つまり「グラスフェッドバター」や「MCTオイル」という
「良質の脂肪が入ったコーヒー」を朝食の代わりに摂ることで、
朝からエネルギー不足になることなく集中力が高まり、空腹感も感じないので間食も控えられ、ダイエットにつながるんです。

そんないいこと尽くしの「バターコーヒー」は、家でも作れます!
次に、作り方の説明をしていきましょう。



04 家でバターコーヒーを作ってみよう!



「バターコーヒー」の材料は以下の3つです。
・ホットコーヒー 350ml
・MCTオイル 小さじ2~大さじ1
・グラスフェッドバターまたはギー 大さじ1(10g程度)


<作り方>
①ホットコーヒーにMCTオイルを入れる
②ギーまたはグラスフェッドバターを入れる
③ミキサーやジューサー、ブレンダーなどでよく混ぜる

注意点は、よく撹拌(かくはん)して乳化させること。
乳化することで、脂肪をエネルギーに変換させやすくなるんです。


脂っこさはほとんどなく、クリーミーでコクのある味わいです。

ちなみに「バターコーヒー」は、ほとんどが脂質で「糖質」はごくわずか。
「糖質制限ダイエット」との併用がおすすめです。
また、コーヒーが苦手な方は、ココアや抹茶に混ぜるのもおすすめ。

分量や味わいは、好みや体調に合わせて調整して下さいね。

もっと詳しくりたい方は、こちらから♪ → 

「バターコーヒー」を試しながら、ぜひダイエットを続けてくださいね。

もっと見る

トレンド

低糖質な「ふすまパン」って何?

2017/09/28



ここ数年、低糖質や糖質オフの商品を多く見かけるようになりましたね。
最近コンビニでもよく見かけるようになった「ふすまパン」や「ブランパン」。

これらは、「糖質制限ダイエット」中に
糖質を気にし過ぎず唯一食べられる低糖質なパン
です。

では「ふすま」とは、一体何なのでしょうか?ご説明していきましょう。



01 「ふすま」って何?



「ふすま」は、小麦の外皮部分のことです。
「ブラン」とも呼ばれ、この名称の方が馴染みのある方も多いかもしれませんね。
外皮を挽いて粉にしたものを、「小麦ふすま」や「ふすま粉」といいます。

小麦一粒は大体、胚乳85%、外皮(ふすま)13%、胚芽2%の割合でできています。

一般的な「小麦粉」は、外皮と胚芽を取り除き精製した胚乳だけのもの。
ちなみに、「全粒粉」は、胚乳、外皮、胚芽すべてを精製したものです。

「ふすま」は、外皮を使っているので、ゴワゴワとする食感で食味がありません。
そのため小麦の製粉時に捨てられるか、家畜の飼料に使われてきました。
ところが近年、食物繊維が豊富で低糖質であることが注目されるようになりました。

では、どれくらい低糖質で、どんな栄養分があるのか、説明していきましょう。



02 どんな栄養があるの?



「ふすま」と、その他の粉類の糖質量を比べてみましょう。

・小麦ふすま    約19g
・全粒粉      約57g
・薄力粉      約73.2g
・小麦粉      約73.4g
・そば粉      約65.4g
・強力粉      約68.9g
・白玉粉      約80.0g
・片栗粉      約81.6g
・米粉       約81.3g

※すべて100gあたりの含有量

「ふすま」は、圧倒的に糖質が少ないですね。

また、「ふすま」の約50%は不溶性食物繊維でできています。
不溶性食物繊維とは、胃や腸で水分を吸収して大きく膨らむ性質があり、
腸を刺激して便通促進の働きがあるので、腸内環境の改善が期待できます。

「ふすま」に含まれている主な栄養素は、
「カルシウム」「マグネシウム」「鉄分」「亜鉛」。
これらは総称して「ミネラル」と呼ばれます。

ミネラル」に関しては、前回のコラムでご紹介しましたが、
神経や筋肉の機能維持、ホルモンの成分になるなど、幅広い働きをする栄養分です。

このようにいいこと尽くしの「ふすま」。
しかも「ふすまパン」は、スーパーやコンビニでも手軽に手に入るのもうれしいですね。
特に糖質制限ダイエット中の、パン好きの人にはありがたい食材です。

とはいえ、糖質は含まれているので、食べ過ぎには注意してくださいね。



03 ふすまパンと一緒に食べたいおすすめ朝食



「ふすまパン」は、そのまま食べるとモサモサした食感が気になるところ。

そこで、ソーセージやハム(タンパク質)、レタスを挟んで食べるのがおすすめです。
調味料には低糖質のマヨネーズを入れて、なめらかさをプラス。
ケチャップは糖質が高いので避けましょう。

葉物野菜のサラダでビタミンを追加すれば、バランスのいい朝食になります。

さらに無糖のプレーンヨーグルトもおすすめです。
「ふすまパン」の食感を緩和するのはもちろん、
乳酸菌によりタンパク質の吸収を助け、血圧を下げる働きや、
ビタミン・葉酸も作ってくれる
うれしい栄養素が含まれています。

合わせて、ヨーグルトやサラダのドレッシングには「MCTオイル」をぜひ入れてみてください。
「MCTオイル」は消化・吸収が早く、脂肪として蓄積しにくいのが特徴。
ケトン体を生成することにより、糖質が温存されるので空腹感を和らげられる効果も。

「糖質制限ダイエット」と組み合わせると効果的なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

もっと見る

トレンド

今話題のグラスフェッドビーフって?

2017/02/15



01 お肉が身体にいい?

お肉

「お肉」というと、発がん性がある、消化に悪い、悪玉菌が増えるなど、
いいイメージがないですよね。

でも、今アメリカのセレブや健康志向の人たちの間で
「グラスフェッドビーフ」がダイエットや美容にいいとブームとなっています。

「グラスフェッドビーフって何?」
「体にどういいの?」
という疑問にお答えしましょう。



02 グラスフェッドビーフとは



ナチュラルな環境で放牧され、牧草のみで飼育された牛のことを
グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛肉)」と呼びます。

牛って牧草を食べるのが当たり前では?
と思う方も多いと思いますが、

実は、私たちが普段口にしているお肉の多くは、
「グレインフェッドビーフ」といって
穀物を主体とした「飼料」を食べて育った牛の肉なんです。


グレインフェッドビーフは、霜降り肉を代表とする、
日本人好みの柔らかくて程よく脂がのった肉。
霜降りが多いということは、肥満状態。
肉自体の血糖値も高いんです。

一方、自然の牧草を食べて育ったグラスフェッドビーフは、
脂肪が少なく筋肉質で、赤みが多いのが特徴です。
肉質は繊細でやわらかく、お肉本来の香りや旨みを堪能でき、
血糖値が低く糖質も低いのです。

では、グラスフェッドビーフを食べることで、
なぜダイエットになるか、まとめてみましょう。



03 グラスフェッドビーフで健康やダイエット、美容にいい理由は?

群れ

グラスフェッドビーフは、高たんぱく低カロリー
ダイエットの基本ともいえますね。

栄養素としては、

・L-カルニチン
・共役リノール酸(CLA)
・ビタミンB群
・鉄分
・オメガ3


が多く含まれています。

「L-カルニチン」や「共役リノール酸(CLA)」は脂肪燃焼効果を促す栄養素。

「ビタミンB群」は美容に欠かせませんね。
女性に不足しがちな「鉄分」は、特に通常の鉄よりも吸収力が高い「ヘム鉄」が含まれています。

そして最近注目されている「オメガ3」!
血流改善やコレステロール値の低下、アレルギー抑制など幅広い効果があるとされています。

このように、グラスフェッドビーフは、
食べれば食べるほど、健康に良いとされるお肉なのです。



04 グラスフェッドビーフを手軽に食べるには

普通のスーパーでは、見かけることが少ないグラスフェッドビーフ。
ネットで入手は可能ですが、けっこう高いです・・・。

勝山館ではグラスフェッドビーフを100%使用した
「MCTオイルカレー」680円がおすすめです!

MCTオイルカレー

化学調味料、添加物は一切使用せず、
身体に脂肪がつきにくいMCTオイル(中鎖脂肪酸油)を使用しているので、
ダイエットや健康志向の方に最適です。

★購入はこちら★


ぜひ試してみてくださいね。

もっと見る

トレンド

ダルビッシュ選手も注目する「ケトン体ダイエット」とは?

2017/02/07


01 ケトン体ダイエットとは?

ストイックな健康管理で知られるダルビッシュ有選手。
最近「ケトン体ダイエット」を実践しているとツイートし、話題になっています。

ケトン体ダイエットとは、
体の脂肪を燃焼しやすい状態に変えるダイエット法のこと。

食事では糖質を制限するので、
「ケトン体?糖質制限とどう違うの??」と思う方も多いのでは?

では、いったい何が違うのでしょうか?
それを知るために、そもそも糖質制限ではどうして痩せるかまとめてみましょう。



02 糖質制限で痩せる理由は?

ごはんやパン、お菓子などの甘いもの、イモ類などのでんぷんなどには、
糖質が含まれています。

パン

糖質をたくさんとると、血糖値が上がってしまい、
体は血糖値を下げるため、体はインスリンを作り出します。

このインスリンが困ったちゃん!

血糖値を下げてくれる代わりに
脂肪をためこんだり、脂肪の分解をおさえたりしてしまうのです。

ため込んだ脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪に。
この脂肪がダイエットの大敵!

とっても落ちにくい、くせ者なんです。

インスリンの分泌をおさえるには、糖質を制限することが重要なのですね。

ケトン体ダイエットも、
基本はこの考え方をベースにしています。
では「ケトン体」とは、何なのでしょう?



03 ケトン体とは?

イメージ写真

ケトン体は、脂質から作られ、
ブドウ糖の代わりに脳のエネルギー源となるものです。

通常、脳はブドウ糖をエネルギー源として使っています。
ブドウ糖は糖質が体内で分解されたもの。
糖質制限により、体内のブドウ糖が足りなくなると、
体の脂肪が燃焼されエネルギー源として使われるようになります。

この時、肝臓で脂質から作られるものがケトン体です。


脂肪を燃焼して得られるケトン体を
脳は代替えエネルギーとして使用します。

脂肪が減りやすい状態になるため、ダイエット効果が期待できるのです!



04 ケトン体ダイエットと糖質制限ダイエットの違いは?

では、「ケトン体ダイエット」と「糖質制限ダイエット」は
何がちがうのでしょうか?

単に糖質の摂取量を落とすだけの「糖質制限ダイエット」に対して、
「ケトン体ダイエット」は、糖質とともに、たんぱく質の摂取量も控えます。
そして脂質の摂取量を増やすことが特徴です。

【脂肪:糖質+たんぱく質の比率を1.5:1】
つまり食事の60%を脂肪にするという食事を目標にするのです。

そうすることで、体脂肪が消費されやすい体質を作るというもの。

ですが、食事の60%を脂肪にすることはなかなか容易ではありません。
そこで利用するのが、体脂肪に蓄積しにくいオイル、
MCT(中鎖脂肪酸油)オイル」なのです!

MCTオイル

オイル?と聞くと太るイメージがありますが、MCTオイルは違います。

脂肪の燃焼効果が高まり、胃で消化されたあと、
肝臓でスピーディに分解されてエネルギー源になる効果が。

体に脂肪がつきにくいオイルなのです。

単なる糖質制限だと、スタミナ不足になりがち。
糖質制限と併用してMCTオイルを摂取することがとっても効果的なのです。

MCTオイルは「ケトン体ダイエット」と「糖質制限ダイエット」の強い味方!
痩せやすい体をつくり無理のないダイエットを成功させましょう!

もっと見る

トレンド

冬だからこそ成功する!?ダイエットテクニックとは!

2017/01/10


01 痩せやすいのは「夏より冬」?

「冬に太るのはしょうがない」
「体が脂肪をためこんじゃう」

この季節になると、そんな言葉をよく聞きます。
でもそれ、実は正確ではありません。

冬の景色

「だって、冬は汗をかきにくいし」と思うかもしれませんが、
夏、汗をかいて消費しているのは、
ほとんどが水分。脂肪はそこまで燃焼していません。

逆に、外気温が体温より低い冬は、
体温を上げるために体が熱を作り出そうとします。
体が熱を作るということは、「基礎代謝」が高くなるということ。
基礎代謝とは「じっとしても消費されるカロリー」のことです。

基礎代謝が高ければ高いほど、
何もしていなくてもエネルギーの消費が活発になり、太りにくい体になります。
つまり冬は「何もしていなくても、カロリーを消費していく痩せやすい季節なんです!



02 冬だからこそ糖質制限+MCTオイルが効果的!

つまり、ダイエットするなら、冬こそがぴったり。
お正月やクリスマスでとりすぎた糖質をリセットするため
「糖質制限」にトライしてみましょう!

「糖質制限」はダイエットだけでなく、
メタボリック症候群や認知症など、
さまざまな病気の発生率を減らせるといわれています。

今痩せるだけでなく、未来も元気にしてくれるダイエットなんです。

とはいえ、糖質は脳を活発に動かすために、とても大事な栄養素のひとつ。
単に削減するだけだと、さまざまな弊害が出かねません。
その、大切な糖の代わりに脳の栄養素になってくれるのが、今大注目の「ケトン体」。

「ケトン体」とは、肝臓で脂質から作られる物質です。
そして、脂質の中でも、特によくケトン体を生成するのが、MCTオイル(中鎖脂肪酸油)

糖質制限ダイエットの代替えのエネルギーとして、
体に脂肪がつきにくいMCTオイルがうってつけなんです



03 意外な食材に糖質がたっぷり!?

では、さっそく「糖質制限+MCTオイル」ダイエットにチャレンジしてみましょう!

でも、冬によく食べる食材には、糖質がたくさん含まれています。
しかも、意外な食材にも糖質がたくさん…

旬の食材が100g中に含む糖質量が少ない順にご紹介します。

ブリ 約0.3g
ほうれん草 約0.4g
春菊 約2.0g
白菜 約2.0g
大根(根)約2.7g
牡蠣 約4.7g
長ネギ 約5.0g
ゴボウ 約8.6g
里いも 約10.8g
りんご 約11.0g
サツマイモ 約29.2g


リンゴやサツマイモが多いのはともかく、
甘みのないゴボウやサトイモも、実は糖質が「多い」に分類されています。

根菜類は糖質が多いので、注意しましょう。



04 糖質の低いオススメの料理プラスMCTオイル活用法

「MCTオイル」を使ったおすすめの料理をご紹介します。

鍋+MCTオイル

冬といえば鍋!
白菜、豆腐、卵、こんにゃく、白滝、キノコ類、大根、水菜、春菊などの
糖質の低い食材を使用して、さらにMCTオイルを入れれば、
野菜もたくさん摂れて体も温まり、ヘルシー!

温かな料理は満腹感も感じるので、ダイエット中に最適です。

鍋

〆に炭水化物を取りたくなってしまいますが、
最近ではこんにゃく麺など糖質の少ない麺も多く販売されているので、
最後まで糖質の少ない料理を楽しめますよ。
糖質の低い食材を使用したスープも◎。

・ホットレモン+MCTオイル、
・ホットココア+MCTオイル
、などなど…

寒い時にほっと一息つきたいときも、MCTオイルを足してみましょう。

ホットドリンク

MCTオイルは無味無臭なので、いろいろな料理やドリンクに使えてとっても便利!
1回小さじ1(5g)を1日3回程度が目安です。

例えば、朝食にホットココアとMCTオイルを、
仕事の休憩中にホットレモンとMCTオイルを、
そして、夕食に鍋とMCTオイルを、といったように、
毎食時にMCTオイルを一緒に摂ると続けやすいですよ^^

ダイエットに最適な冬を、楽しく健康的に過ごしてくださいね!

もっと見る

トレンド

簡単、おいしい!“地中海式食事”が健康的と言われる理由とは?

2016/11/01


脂肪の摂取量に制限を設けず、
地中海沿岸に住む人の伝統的な食生活に則って食事をする、「地中海式ダイエット」。
2010年には、その伝統と健康的な観点も含めて、
ユネスコ世界無形文化遺産として登録されています。
今回は、世界的にもその健康性が広く知られている地中海料理をピックアップ。

その効果を探ります!



1、「地中海式ダイエット」とは?

地中海

地中海に面する、南イタリアやギリシャクレタ島の食をベースとしたダイエット法で、
9層からなる、食品グループを、①月に1回 ②1週間に1回 ③毎日 と
3つのカテゴリーに分けて、食べる割合を調整します。

▼主な食品はこちら。
①月に1回:お肉
②週に1回:卵、鶏肉、魚
③毎日:雑穀、パスタ、野菜、果物、豆、ナッツ、オリーブオイル、チーズ、ヨーグルト




2、「地中海式ダイエット」の効果は?

そもそもイタリア、ギリシャは、平均寿命が80歳以上、と長寿国。
また、今年の7月、米国内科学会によって発行される学術誌「Annals of Internal Medicine」の
オンライン版では、「地中海式ダイエット」の健康効果についての研究結果が掲載。
その中で、「地中海式ダイエットは、がんによる死亡率や発生率の減少と関連している」と示唆しています。

★「Annals of Internal Medicine」オンライン★



3、どうして健康にいいの?

オイルとサラダ

ポイントは、バランスの取れた食事内容と、シンプルな味付け。
野菜や魚介類をふんだんに使っているため、自然と良い栄養バランスが取れています。
糖質量も少ないため、インシュリンの分泌も抑制。
味付けは、オリーブオイルとスパイス、塩、コショウがメインのため、
基本的に化学調味料や添加物を使用しません。
シンプルでバランスのとれた食事は、健康的な体づくりに最も大事なことです。



4、具体的にどんな料理を食べるの?

人気の地中海料理には、アクアパッツァやブイヤベースなどがありますが、
ここでは、近くのスーパーで簡単に購入できる食材を使った、
簡単なメニューをいくつかご紹介します^^

■卵サラダ

卵サラダ

・水菜、レタスなど葉物野菜:50g
・イタリアンパセリ:5g
・ハム:2枚
・ゆでたまご:1個
・オリーブオイル:大さじ1
・MCTオイル:小さじ1
・塩、コショウ:少々
・レモン汁:少々

■チキングリル

チキングリル

・鶏もも肉:50g
・オリーブオイル:大さじ1
・塩、コショウ:少々
・MCTオイル:小さじ1
・レモン汁:少々

①鶏肉は厚みが均等になるように半分に切って、塩コショウをすりこみ10分ほどおく。
②フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏肉の皮目を下にして中火で7~8分ほど焼く。
焼き色がついたら裏返して4~5分焼き、もう一度返す。
③鶏肉の皮目がパリっとなってきたら、皿に盛り付け、MCTオイルとレモン汁をかける。
他にも野菜とトマトを煮込んだスープや、魚介のスープにMCTオイルを混ぜてもOK。


シンプルでおいしい地中海料理をダイエット食として取り入れてみては?

もっと見る

トレンド

大人気!「仙台勝山館亜麻仁油」入荷いたしました!

2016/04/07


アトピーなどの体内炎症改善や脳の活性化に役立つとされている
オメガ3脂肪酸を約60%以上という高い割合で含有している、
仙台勝山館亜麻仁油(アマニ油)」が入荷いたしました!

仙台勝山館亜麻仁油(アマニ油)

今回は、185gのミニサイズ商品も新発売
熱や光によって品質が劣化しやすい「亜麻仁油」は開封後、6週間程度で使いきるのがベスト。

「ちょっと試しで使ってみたい」
「大きいボトル1本は使い切れないな…」

という方はぜひこちらのミニボトルをお試しください^^

サラダとオイル

美容や健康のために食べる人が増えているオイル。
1日摂取量は大さじ1杯が目安。サラダにかけたり、納豆や味噌汁に混ぜたり、
そのままでもおいしくお召し上がりいただけます。

MCTオイルと合わせて習慣化してみませんか?

もっと見る

トレンド

インテルの長友選手も注目!ケトン体代謝の可能性

2016/04/07


5月15日(日)テレビ朝日「やべっちFC」でサッカー長友選手が特集されていました。
その中で、「ケトン体回路にしたい」と発言したことが話題になっています。
スポーツをする方必見のケトン体回路を目指す、長友選手の食生活とは?


▼番組の動画はこちら(※リンク先:YouTube)




1、長友選手がケトン体回路を目指している理由

サッカーイメージ写真

◎90分走り切るためのエネルギーを確保できるから。
サッカーの試合は、前半後半合わせて90分。走り続けるだけでも相当な運動量です。
炭水化物(糖質)が分解されたグルコースをエネルギー源とする回路に対して、
ケトン体回路は、体内の脂質が分解されたケトン体をエネルギー源として使用する回路のこと。
グルコースをエネルギー源とするよりも、エネルギー効率がよい点が特徴。
90分間エネルギーが枯渇することなく、パフォーマンスを維持することができると言われています。


◎集中力がアップするから。
ケトン体は、脳のエネルギー源となることでも知られています。
グルコースとは別の回路で脳に到達するため、
脳へ効率的にエネルギーを送ることができると言われています。



2、長友選手の食生活のこだわり

番組で紹介されていた長友選手の食事がこちら。

・わかめときゅうりの酢の物
・アスパラガスとアボカドのサラダ
・ブロッコリーとアーモンドのミルクスープ
・マグロのソテー
・納豆


注目する点は、この食事に含まれる炭水化物量が少ないこと。
ごはんやパン、パスタなど炭水化物が多く含まれている食品が一切ありません。
また、長友選手はナッツやマヌカハニーなど
今注目の栄養価が高い食品を多く食事に取り入れているそうです。



3、夜は炭水化物を控える

パスタ

夜は炭水化物を控えるという長友選手。その理由は、体脂肪蓄積の防止。

炭水化物を摂取すると一気に大量の糖質が体に取り込まれ、血糖値が上昇。
上昇した血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されます。
しかし、このインシュリンは糖質を体に蓄積しようとする働きも。

この一連の流れが、体に脂肪を蓄積させるひとつの要因となっていることから、
余分な体脂肪を蓄積させないためには、炭水化物を一食分でも控えることが効果的と考えられているのです。

また、体内の糖質量が多いとケトン体回路になりにくいというデメリットも。
無制限に炭水化物を摂るのではなく、摂取量を調整することが大切です。

食事法を変えた長友選手は、出場回数も増え調子も上向きに。
食生活の変化が結果につながっているようです。

MCTオイルは長友選手が目指しているケトン体回路への転換を促進させるほか、
食事を控えたことによる空腹感を抑制
するとも言われています。

ダイエットに、アスリートのパフォーマンスアップに、
皆様もMCTオイルをプラスしてケトン体回路を目指しましょう!

もっと見る

トレンド

買う前にチェックしたい 良質なココナッツオイルの選び方

2016/04/07


中鎖脂肪酸が約60%含まれていて、美容や健康、
そしてダイエットに役立つと昨年大流行したココナッツオイル。

MCTオイルと同じく、毎日の生活に取り入れたいオイルのひとつです。
スーパーなどでは様々なメーカーのココナッツオイルを見るようになりましたが、
種類豊富でどれをえらんだらいいか迷ってしまいますよね。

これからの季節は特にカビが発生しやすくなることもあり、品質には気をつけて選びたいところ。
今回は良質なココナッツオイルを選ぶチェックポイントをご紹介いたします^^



01 どのように製造されているか?
ココナッツオイル製造方法
ココナッツオイルの製造方法は上の図の通り。

一口にココナッツオイルといっても様々な製造方法で作られていることがわかります。
控えたいものは、「レギュラー」「オールナチュラル」「RBD(漂白脱臭精製済み)」という
表記がラベルに印字されている一般的に【精製】という工程を踏んでいるもの。
精製過程で肥満の原因になるトランス脂肪酸を加えていることもあります。
精製されているかどうかがまずチェックしたいポイントです。

また、最近話題になっているカビの問題。カビにくいものを選びたい場合は、
水分量が少ない果肉を乾燥させたタイプのココナッツオイルがおすすめです。



02 添加物は含まれていないか?

オイルと添加物

ココナッツオイルの特徴は、甘い特有の香りと白い色。
しかし、この特徴を添加物などを使用して付け加えているような商品も見受けられます。
原材料表記をチェックして、添加物や化学調味料が入っていないかチェックしましょう。



03 オーガニック認証を受けているか?

ココナッツの木

原材料となるココナッツの生産方法も大事なポイント。
化学肥料をたくさん使って栽培しているものは健康に悪いものです。
すぐにわかるポイントとして、ラベルに【オーガニック認証(JASマーク)】が入っているかどうかチェック。
認証があれば、有機栽培された原材料のみを使用している、という証拠なので
まずは、マークがあるかどうかを確認することがおすすめです。

ココナッツオイルを購入する際は、裏面の表示を見て、
健康のために品質がよいものを選びたいですね^^
ぜひ参考にしてみてください♪

ちなみに、MCTオイルはココナッツを原材料として使用していますが、
中鎖脂肪酸の成分だけを取り出した商品なので、カビ等の心配はございません。
また、MCT-Cocoil(ココイル)で使用しているココナッツオイルは、
オーガニックエキストラヴァージンココナッツオイル
原材料といえども、トップレベルの品質のオイルを使用しています。
ぜひこちらもお試しください^^

もっと見る

トレンド

ダイエッターの方必読!書籍「驚異のMCTオイルダイエット」

2016/04/07


脅威のMCTオイルダイエット「MCTオイルを買ったものの、どうやってダイエットしよう…」と迷っていませんか?
そんな方にぜひご一読いただきたい書籍がこちら!

昨年12月に発売されたばかりの書籍
【「糖質制限+中鎖脂肪酸」で確実にやせる驚異のMCTオイルダイエット】です。

医師である畠山昌樹氏が執筆したこの書籍は、MCTオイルを食事にどのように取り入れてダイエットをするのか? なぜMCTオイルで痩せるのか?
ダイエットをしようとする中で気になる疑問点をわかりやすく解説しています。





どんな書籍なの?気になる書籍のポイントはこの3つ!


01  基本のメソッド…炭水化物を減らしてMCTオイルを飲むことだけ!
MCTオイル

ごはんやパン、うどんや麺類などの炭水化物の量を減らして、1日3~4回MCTオイルを摂ります。

MCTオイルは豆乳やプロテインと一緒に混ぜて特製ドリンクに。
炭水化物を摂取すると、体脂肪を蓄積させる原因ともいわれているインシュリンが分泌。
そこで、炭水化物の変わりに、脂肪として蓄積されにくいMCTオイルで食事からのエネルギーを補給します。





02  最終目的は痩せやすい体質に改善すること!


このダイエットの目的は、「ブドウ糖(グルコース)による糖質代謝」から、
体内に脂肪として蓄積された体脂肪を優先的にエネルギーとして
代謝(燃焼)させる脂肪酸によるケトン代謝」へ移行させること。

書籍では、ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法も紹介されています。


03  ココナッツオイルの主成分「中鎖脂肪酸」100%の「MCTオイル」の摂取で、
糖質制限よりもはるかに効率よくケトン体を産生!


糖質制限だけのダイエットをしてしまうと、体内の糖質が枯渇したとき、
筋肉のアミノ酸をエネルギー源として使ってしまいます。
ダイエットをきっかけに筋肉が落ちてしまった…という方の原因はここにあります。

そこで、糖質制限をしながらMCTオイルをプラスすることで、糖質が枯渇したとき、
体内の脂肪酸比率が高い状態になっているため、
体が優先して脂肪をエネルギー源として使用するようになるのです。


以上の結果、「ダイエットによる空腹感を感じない」 、「ジム通いや運動が不要」、
「筋肉を落とさずに体脂肪を優先して燃焼」、「血糖値を乱高下させない健康的な食事療法を併せることによりメタボリックシンドローム的症状を抑制」
という嬉しい成果が。 

書籍にはすぐに実践できる、3日間、2週間、1カ月間の
3つの期間から選べる実践プログラム
も付いています!

全国書店または、勝山館ココイルにて販売しておりますので、
気になった方はぜひご覧くださいませ!

もっと見る

トレンド

疑問にお答え!MCTオイルとココナッツオイルの違いって?

2016/04/07


オイルボトル

昨年一大ブームとなったココナッツオイル。
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸がダイエットに役立つ!ということで
スーパーマーケットなど全国の小売店で販売されていましたね。

では、中鎖脂肪酸100%のMCTオイルとココナッツオイルは
実際なにが違うのでしょうか?
今回はそんなもやっとした疑問にお答えいたします!



01 味が違う!
ココナッツ

まず、ご存知ココナッツオイルは、ココナッツならではの甘い香りと味がします。
一方でMCTオイルは、無味無臭。この違いは製造方法にあります。

ココナッツオイルは、ココナッツの胚乳と呼ばれる部分を
熱風で乾燥させて、それを圧搾して抽出します。
一方、MCTオイルはココナッツに含まれる中鎖脂肪酸という成分のみを特に取り出したオイル
ココナッツ由来ではありますが、ココナッツ特有の味や香りの成分を含まないオイルです。

では、含まれている成分について詳しく見ていきましょう。



02 含まれている成分が違う!

まず中鎖脂肪酸とは、脂肪酸を炭素分子の数で分けたとき、
“短鎖脂肪酸” “中鎖脂肪酸” “長鎖脂肪酸” の三種類に分けられます。

サラダ油やゴマ油などの一般的なオイルは、“長鎖脂肪酸”に分類され、
ココナッツオイルやパームオイルなどは“中鎖脂肪酸”に分類されます。

▼ 図に示すと下記のようなイメージです。
MCTオイルとココナッツオイルの違い図解
さらに、中鎖脂肪酸は炭素数によって、
主にC8(カプリル酸)・C10(カプリン酸)・C12(ラウリン酸)に分類されます。

MCTオイルは、C8(カプリル酸)・C10(カプリン酸)で構成。
一方でココナッツオイルは、C8、c10のほかに、C12(ラウリン酸)や
長鎖脂肪酸などの成分が含まれています。

▼図で示すと下記のようなイメージです。
MCTオイルとココナッツオイルの違い

このようにMCTオイルとココナッツオイルは成分が異なります。



03 期待される効能が違う!

ここで、中鎖脂肪酸それぞれの働きを見てみましょう。


●C8(カプリル酸)/C10(カプリン酸)

ウェスト写真

一般的に抗菌作用があるといわれています。
そのほかに、ダイエットやエネルギー補給に役立つ
ケトン体」の生成を活発にする働きがあるとの研究結果もある脂肪酸。







●C12(ラウリン酸)

ヨーグルトイメージ写真

母乳にも含まれる成分で、抗酸化作用や免疫力向上の作用、
美容効果などがあるといわれています。


以上より、

★MCTオイル

C8(カプリル酸)、C10(カプリン酸)で構成されているため、短時間でたくさんのケトン体を生成したい人、例えばダイエッターや、持久力アップを目的に摂取するアスリート向けのオイル

★ココナッツオイル
C12(ラウリン酸)も含むため、美容やゆるやかなケトン体生成を目的とする人向けのオイル

と分類できます。



04 最後に

このようにMCTオイルとココナッツオイルは、
スタートの原材料は同じココナッツですが、全く違うもの。

しかし、どちらも健康に役立つオイルなので、
ぜひ生活の中で目的によって使い分けて見て下さいね!

もっと見る

1
11 件中 1 件から 11 件を表示しています。